ふぅ~....とひといき

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなこともあるのね!

夕方珍しく家電が鳴った。
ナンバーティスプレイの番号。。。「どこかで見たことあるなぁ。。」
と思いながら出てみるとある銀行さんでした。

「○○さんのお宅ですか?」
「○○◇◇◇子さんですか?」

「ハイ、そうですが。」

「じつは、■■旅行さんからの振込み依頼があったのですが
名前が違っていまして、そのお知らせなんですが。」
(ツアー旅行の予約をしていたら、人数が集まらず中止になってしまって
返金してもらうことになっていた)

またか!! と思いました。
うちの苗字は、間違われやすく苦労してるんです

例えば 「山崎」これは一般的に「やまざき」と呼ぶと思いますが
「やまさき」さんもいるはず。

うちも『濁る』『濁らない』でよく間違われます。

書類などにちゃんとよみがなをふっても先入観で読んでしまうのですね。

と言うわけで、濁点がうたれてしまっているので本来なら振込みできないとのこと。
ところが、なんと偶然にもこの行員さん前にも私のことで記憶に残っているのだと。

私が今の会社に入って給与振込みの手続きをした際に
きちんとふりがなをふったにも拘らず、事務の方がやはり先入観で
濁った苗字にしてしまったためとても手こずったことがあったのです。

その時関わった方だったらしく
「おたく様、てまえどもの銀行を利用してくださっていますよね。
前にこの濁点の問題で関わったことを覚えています。
私がその時の担当だったのです。
本来ならば名前の違いは認められず振込み依頼は受けられないのですが
口座番号も合っていますし、今回に限り受けさせていただきますので
くれぐれもこれからは旅行会社さんにもそのむね伝えて置いてくださいね。」

とおっしゃってくださいました。

なんともよい方でラッキーでした。ここまで丁寧に対応してくださって
ちょっとその銀行見直しました。

それにしてもこの問題は困ったもので以前娘も
大学に住民票を提出するため、区役所に行った際
「該当するものがありません。」と言われ

「そんなはずありません。よく調べてください。」

生年月日など聞かれそれでも該当者無し。

「あのぉ、うちは濁点がないのですが、ちゃんとそのようになっていますか?」

「えっ!!」

「あっ!すいません!ありました!!」

役所の方でもよみがなは、よく見てないのですね。
漢字をみて先入観で入力してしまう。
何のためにふりがなをふっているのでしょう。
機械は一字一句違っていたらエラーになってしまいますからね。

先が思いやられます。年金大丈夫かしら。。。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

ふぅ~♪

Author:ふぅ~♪
単調な毎日の中で、絵手紙を描いたりウォーキングしたりして楽しみを見つけながら過ごしていま~す♪

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。